施工実績

【外壁】外壁のへこみ・傷の補修と屋根塗装【堺市・T様邸】

壁の小さなへこみ、中身が見えてませんか?
外壁の一部が小さくえぐれています
下地が見える傷は早めの対処を
施工の概要
Before: 施工前
離れて見ると大した傷にはみえませんが…
壁の傷・へこみの放置は危険!
外壁は屋根ほど風雨に晒されることもなく、日当たりの強い向き以外は太陽光による劣化もそれほど進みません。
しかし何らかの原因で傷やへこみができることがあります。
表面が少し欠けたり塗料が剥がれたりする程度ならともかく、これが下地が見えるほど深く入った傷・へこみなら話が変わります。

屋根同様、下地に水が入ったりすると、そこからさらに内部に湿気が浸透し、家屋内部の腐食の促進に繋がることがあります。

今回はその外壁補修と同時に屋根のメンテナンス(塗装)もご依頼頂きました。
underConstruction: 施工中
Swiper01
① へこみをコーキング剤で埋めて、更に上から下塗りを施します。
Swiper02
② 他の色の違う壁の傷も補修します
Swiper03
③ 片っ端からどんどん補修します
After: 施工後
Swiper01
本塗りを施して完成です!
Swiper02
Swiper03
Before: 施工前
所々にスレートの破損がありました
重要なスレート屋根の定期メンテナンス
スレート屋根はその特性上、定期的な点検、メンテナンスが推奨されています。

雨漏りなど大きな問題が出ていなければつい放置してしまいがち。

スレートは瓦に比べて耐用年数も長くない事もあるため、問題発生前に少しずつ手を入れておく方が結果的に費用も安く済み、家屋の寿命も適切に延ばすことができます。
underConstruction: 施工中
Swiper01
① 交換のため傷んだスレートを取り外しています
Swiper02
② 新たなスレートをはめ込んでいます
Swiper03
③ 他の部分も必要に応じて同じ手順で交換していきます
After: 施工後
Swiper01
Swiper02
Swiper03
似た事例
各種事業
セーフリビングのロゴです。今後ともよろしくお願いします。
人と住まいが共生する優しい環境をご提案します
人と住まいの共生を連想させるキーイメージです

はじめに戻る


≪ 一覧へ戻る
事業内容
ユーエヌエイチシーアール ピンクリボン 子ども地球基金 赤い羽根共同募金

Page Top