施工実績

【ベランダ】ベランダの防水工事【和泉市・M様邸】

施工の概要

ベランダの老朽化を防水リフォームで修繕
Before 〜施工前〜
全体的にひび割れや剥がれ等で表面が荒れて、老朽化が進んでいました
ベランダも一種の屋根です。しかし人の出入りがあり、瓦やスレートはありません。

基本的にベランダには防水施工がなされているはずですが、風雨に加えて人の出入りなど様々な要因で、屋根以上に劣化しやすい部分でもあります。

このベランダの劣化を放置すると、屋根や外壁同様、雨漏りに直結します。更に劣化が進みすぎると、費用のかかるベランダ作り替えが必要になる場合もあり、危険な状態になる前の点検や修理が重要になります。
下向き矢印
After 〜施工後〜
下向き矢印

施工の流れ

施工前:防水機能の回復が必要な状態
調査の結果、ベランダ作り替えが必要になる深刻な状況ではなかったものの、元々の防水層の劣化は激しく、すぐ雨漏りが始まってもおかしくない状態。ベランダと言っても、ビルなどでよくある「屋上」に近い構造でもあったため、比較的費用も安く工期の短い防水シート施工でのリフォーム依頼となりました。
激しく傷んでいるベランダ表面は、防水層の劣化が目立ちます。雨漏りに繋がる劣化です。まずは洗浄と、「ケレン作業」と呼ばれる、既存の防水層が傷んで盛り上がったりしている箇所などを除去する作業を実施します。
ケレン作業後、既存の防水層の上に、Uマットと呼ばれる絶縁シートを設置します。今回は「機械工程工法」で施工しています。写っているのはアンカーディスクと呼ばれる、シートの固定具のひとつです。絶縁シートを防水層の下地としてしっかり固定していきます。
絶縁シートの上から更に防水シートを敷いていきます。アンカーディスクの上から器具を使って熱し、さらに防水シートをしっかり固定します。
防水シート同士は「溶着剤」を使って、軽く溶かして一体化させるようにして固定していきます。その後、シート同士の継ぎ目で甘い部分がどうしても出てくるので、そこを更に熱で溶かして溶接します。このシート設置の工程は難しい部分で、技術が必要とされます。
角の方までしっかり防水シートを固定、溶接していきます。こうしてベランダ一面を防水シートで隅々までしっかり覆います。
ところで、
これはなんでしょう?
なぞなぞの問いかけ画像です
下向き矢印
はい、答えは 脱気筒だっきとうになります。

設置した防水シートと下地の間にたまる湿気を外に逃がすために設置します。
これを設置しないと、逃げ場を失った湿気の影響で、下地の元々のコンクリートが膨らんだり、新規に施工したシートに歪みが出たりして、防水施工の効果や耐久性が著しく落ちてしまう原因にもなります。

広いベランダにぽつん、と立つ”不思議の小さな塔”には、ベランダと家屋を守る重要な役割があるのです。
脱気筒のイメージ画像です
下向き矢印

施工完了:まとめ

しっかりとした防水施工で
ベランダは生まれ変わります

施工完了のイメージ画像です。
今回は防水シートの機械的固定工法よる防水施工をご依頼となり、無事完工にて解決いたしました。ベランダの防水機能の状態には特に注意が必要です。
表面の見た目がまだきれいな状態でも、内部でベランダからの雨漏りによる鉄材や木材の劣化が進んでいる事があり、最悪の場合はベランダごと作り替えなければならない事態になることも。

人の出入りもあるベランダはどうしても傷みがちな場所でもありますので、雨漏りなどから始まる大きなトラブル発生を未然に防ぐためには、早め早めのメンテナンスを定期的に実施することも大事です。

少しでもご自宅のベランダの状態についてお気づきのことがありましたら、 セーフリビングまで、ぜひご相談ください!
セーフリビングのロゴです。今後ともよろしくお願いします。


≪ 一覧へ戻る
事業内容
facebook
facebook
ユーエヌエイチシーアール ピンクリボン 子ども地球基金 赤い羽根共同募金

Page Top