施工実績

【屋根】土葺屋根から現代工法の屋根への葺き替え工事【岸和田市・K様邸】

今回ご紹介する施工事例のイメージ画像です。

施工の概要

丈夫な日本瓦で葺いた屋根でしたが…
Before :施工前
葺き替えの依頼には、雨漏り以上に大きな理由がありました。※写真は元々の瓦の撤去作業中のものです
雨漏りがするとのことでご相談があり、後日現地で調査をすると、強い風雨か地震などの影響で日本瓦がずれて、できた隙間から雨水が入り込み、野地板を傷ませて雨漏りに繋がった事がわかりました。

日本瓦は100年保つとさえ言われる高い耐久性がありますが、一旦ズレが出来てそこから水が入ると、瓦が無事でも下地が早く傷んでしまうことがあります。

施主様が葺き替えを選択されたのはそうした状況もあります。しかし、実は他にもっと重大な理由がありました。
下向き矢印
After :施工後

施工の流れ

施工前:雨漏りがするとのことでご相談を受け、調査してみると…
事前調査の過程で雨漏り箇所を特定し、応急処置として雨漏り防止のブルーシートをかけます。そこで、今では使われていない「土葺工法」と呼ばれるやり方で葺いた屋根であることが分かりました。以前は主流だった屋根の工法ですが、そこが悩みどころになったのです。
ブルーシートをかけたりしている工事準備作業中の様子です ブルーシートをかけたりしている工事準備作業中の様子です
ブルーシートをかけたりしている工事準備作業中の様子です
今では使われない「土葺工法」
この伝統的な「土葺工法」、現在では新たに使われる事はまずありません。1923年(大正12年)の関東大震災をきっかけに、大きな地震災害に対する弱点が分かってきたからです。
土葺屋根とは
土葺屋根の瓦を撤去中の写真です
土葺き屋根とは、屋根の下地に粘度の高い土を敷き詰めて、その上に瓦を載せていく作りの屋根です。
この作りの家屋は、昭和初期頃まではポピュラーなものでした。
原始的で古臭い作りに思われるかもしれませんが、風で瓦が飛びにくく、土の断熱効果や雨漏り防止効果、土の重みで家屋が安定するなど、実は様々にメリットのある、日本の風土と環境に適した工法でした。

ところが、関東大震災で、土葺き屋根の弱点があらわになりました。
敷き詰めた土はどうしても経年劣化して瓦が落ちやすくなり、大地震の揺れで多くの家屋の瓦が落ち、二次災害の元になりました。
また、土葺工法が主流だった時代は、今ほど「耐震」の概念が家屋建設において重要視されていなかった時代です。そのため、柱などの構造物に重い屋根を支える十分な強度が無い場合も少なくなく、大地震が起きた際には家屋そのものの倒壊を引き起こしました。

この土葺工法の屋根は関東大震災をきっかけに関東地方では激減していきますが、関西地方では阪神淡路大震災の発生まで、かなり残っていたようです。
阪神淡路大震災以降は、建築基準法の改正で耐震基準が厳しく見直された事もあり、新たな土葺屋根は施工されなくなってきました。
”瓦屋根は地震に弱い”という誤解
土葺の土の画像です
「瓦は地震に弱い、揺れで瓦が落ちる」というイメージをお持ちの方も少なくないかもしれません。実はそれは、瓦を使うことが原因ではなく、この土葺工法の弱点が原因なのです。
現代の新しい工法で葺かれた瓦は、強い揺れでもそう簡単に落ちたりしない作りになっています。

地震災害や気候変動など、特にこの数十年で自然環境の急激な変化が起きており、日本家屋の構造や工法も、それに合わせた変化と適応を迫られている状況なのです。
施工中のイメージ写真です
施工中:土の下地を除去して新たな下地作り
まだ美しい緑色を残す日本瓦も土の下地と共に撤去し、新たな野地板や防水ルーフィングシート、そして瓦の設置、の流れになります。
屋根の下の土の下地です 土を除去してルーフィングシートを敷いています
ルーフィーングシートの上に設置する瓦を準備中です
屋根全体の土の量はかなりのものになります。年月が経つとこの土が逆に家屋の負担にもなります。これを取り除き、新たに野地板とルーフィングシートを敷いてより軽量な新型の瓦を設置する現代的な工法で葺き替えます。
施工中:新たな屋根下地の上には新型の瓦を。
土の下地を取り除いた後は、最新の素材と技術で作られた防水シートと瓦を新たな下地の上に設置します。
施工途中の写真です 施工途中の写真です 施工途中の写真です 施工途中の写真です
伝統的な日本瓦に比べて軽量な、新型の瓦を利用することになりました。土の下地が取り除かれると共にこの軽い瓦を使用することで、屋根の重量はかなり減ることになり、家屋への負担軽減や地震対策として有効な選択のひとつです。
家屋への負担も軽減!「エアルーフ・フレンチ」
富士スレート株式会社のあたらしいタイプの洋瓦、エアルーフ・フレンチです。
他の施工事例でもすでにご紹介済ですが、本工事の屋根瓦としてご指定頂いたのは、富士スレート社の「エアルーフ・フレンチ」
家屋の負担を軽減できるこの瓦で、元々の瓦の緑の色合いを残せる「フォレスト・グリーン」カラーをご指定されました。

日本家屋向けに洋瓦をアレンジした作りで、周囲の景観にも調和するシンプルで落ち着きのある現代的なデザインとなっています。
下向き矢印

施工完了

現代工法で生まれ変わる屋根、
変わらぬ住まいの安心。

施工完了のイメージ画像です。
屋根の全面的葺き替えは、費用や工期といった点では施主様にとって大きな負担となるものです。
今回のK様は、屋根が土葺工法という旧施工法だったことなど、様々な要素を熟慮して葺き替えを選択されましたが、家屋の構造等の条件によっては、葺き替え以外の方法で解決できる場合もあります。

また、必ずしも瓦だからといって地震に弱いわけでもありませんが、瓦かそれ以外かの選択は、やはりお住まいの構造や周囲の環境等にも左右されるため、何が良いかは一概には言えない面があります。

事前にしっかりと、プロの目で調査して、プロと一緒に、時間をかけて最適な施工方法を検討して頂くことが何より重要だと、私達は考えます。

土葺の屋根にお心あたりのある方は、 セーフリビングまで、ぜひご相談ください。ご遠慮無く、いつでもお問い合わせをお待ちしております。
セーフリビングのロゴです。今後ともよろしくお願いします。

はじめに戻る


≪ 一覧へ戻る
事業内容
facebook
facebook
ユーエヌエイチシーアール ピンクリボン 子ども地球基金 赤い羽根共同募金

Page Top